スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています


2017.06.01 Thursday | - |  | - | - | by スポンサードリンク

玄箱 状態監視システム(NET-SNMP + MRTG)を入れてみる

玄箱にサーバの状態監視システムを入れてみました。
使用したツールは,エージェントとしてNET-SNMP,マネージャとして
MRTGです。参考にしたサイトは,
http://www.itmedia.co.jp/help/howto/linux/0007master/06/
http://fedorasrv.com/mrtg.shtml
です。どうもありがとうございました。

まずはエージェントのNET-SNMPから。インストールコマンドは
# yum -y install net-snmp

すると,以下のものが生成されます。
コマンド /usr/sbin/snmpd
設定ファイル /etc/snmp/snmpd.cfg
ファイル群 /usr/share/snmp/

まず,設定ファイルsnmpd.cfgを編集します。
実は変更内容の意味を十分りかいしてないので,上記URLを参考に
まねして編集します。

そして,サービスの起動をします。サーバ起動時に自動的に立ち上がるようにもします。
# seevice snmpd start
# chkconfig snmpd on

これでとりあえず,NET-SNMPのインストールは終わり。
本当はもっといっぱい設定したいことがあるんだけど,とりあえず
MRTGのほうにいきます。結果を早くグラフで見たいから。

MRTGのインストールコマンドは,
# yum -y install mrtg

すると,以下のものが生成されます。
コマンド /usr/bin/mrtg
cron実行用設定ファイル /etc/cron.d/mrtg
Web表示用confファイル  /etc/httpd/conf.d/mrtg.conf
ファイル群 /var/www/mrtg/

ただし,設定ファイルは次のコマンドにより/etc/mrtg/mrtg.cfgを生成します。
これだけが他のツールとちょっとやり方が変わっています。
cfgmaker public@192.168.1.150 > /etc/mrtg/mrtg.cfg
(192.168.1.150はうちの玄箱のIPアドレス)

そして,生成されたmrtg.cfgを編集します。
編集方法は,上記URLのこちらの方を参考にしました。

ところで,このMRTGは文字コードがEUC環境でないと動作しないため,
文字コードUTF-8のmrtg.cfgをnkfコマンドでEUCに変換してやります。
# mv mrtg.cfg mrtgUTF8.cfg
# nkf -e mrtgUTF8.cfg > mrtg.cfg
以降,この設定ファイルを変更するときは,mrtgUTF8.cfgを編集し,上記のようにEUCに変換して運用します。

さて,いよいよMRTGを動かしますが,このツールは過去2回の記録を読みにいく
仕様になっているため,最初の2回はコマンドを実行するとWarningが表示されます。
気にせず3回連続して同じコマンドを打ちます。
# env LANG=C mrtg /etc/mrtg/mrtg.cfg
# env LANG=C mrtg /etc/mrtg/mrtg.cfg
# env LANG=C mrtg /etc/mrtg/mrtg.cfg

これで,/var/www/mrtg/にeth0.html等の名前のファイルが生成されます(設定ファイルの設定によりファイル名は変わります)。
ブラウザでアクセスするとグラフ化されて表示されます。まぁ,最初はデータがないので面白くないグラフになっていますが。

ところで,上記コマンドは長ったらしいのとmrtg.cfgを編集するたびに文字コードを変換しなければならなくうっとおしいので,スクリプトをかいてしまいます。
[mrtg.shスクリプトの内容]
#!/bin/bash

LOCK=/var/lock/mrtg/mrtg_l
CONFCACHE=/etc/mrtg/mrtg.ok

nkf -e /etc/mrtg/mrtg.cfg.UTF8 > /etc/mrtg/mrtg.cfg
export LANG=ja_JP.eucJP
/usr/bin/mrtg /etc/mrtg/mrtg.cfg --lock-file $LOCK --confcache-file $CONFCACHE

私は上記のようなスクリプトを作成しました。
そして,
# chmod 755 /etc/mrtg/mrtg.sh
として実行可能なファイルにします。

そして,このスクリプトを5分後とに自動で実行するように,cronコマンドに
登録します。/etc/cron.d/mrtg を以下のように編集します。
*/5 * * * * root /etc/mrtg/mrtg.sh

最後に,通信トラフィック,CPU,メモリ使用量,ディスク使用量が一覧できる
ページを生成してくれる/usr/bin/indexmaker を使ってインデックスページを
作成します。
# /usr/bin/indexmaker --columns=1 /etc/mrtg/mrtg.cfg > /var/www/mrtg/index.html

実行すると/var/www/mrtg/にindex.htmlが生成されるので,ブラウザでアクセスすると
上記の一覧グラフができています。これは便利ですね。

これで,玄箱の状態監視の設定は一段落です。
あとは,異常が生じたときにメールで通報してくれる設定とかがSNMPで
できるようですけど,それにはメールサーバを設定しとかないといけないのかな。


2007.07.14 Saturday | 玄箱13:03comments(0)trackbacks(2) | by けんぱちん

スポンサーサイト


2017.06.01 Thursday | - | 13:03 | - | - | by スポンサードリンク
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
リナックス ダウンロード リナックス ダウンロード特集
リナックス LinuxLinux(リナックス、リーヌークス、リヌックス、リヌクス、ライナックス、リーナクス)とは、UNIXライクな(UNIXに似た)コンピュータ用オペレーティングシステム (OS) である。現在では、パーソナルコンピュータに限らず、携帯電話のような組み込みシ
  • リナックス ダウンロード リナックス ダウンロード特集
  • 2007/07/18 11:11 PM
mrtgのインストール・設定
mrtgを入れました。 まずはyumでインストール。 # yum install...
  • 独り言ブログ
  • 2007/10/08 1:15 PM